住宅ローンはどこがいい?審査は甘いのか?

毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。

繰り上げ返済をすれば、ローン元金を減らす事が可能ですので、返済金そのものを減らす事ができます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

マイホームを現金一括で購入する。

この様な事は、まず無いに等しいでしょう。

多くの方は銀行等から住宅ローンを借金するのが普通だと思います。

借金の支払いをするとき、何が一番大変か?という事を聞くとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。

数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますしまた、何が起こるかわからないのが人生ですから支払の途中に病気で入院。

という可能性もあり得ます。

だから、慎重にリスクを考えローンを組みましょう。

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

住宅ローンの金利をわけると固定金利・変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

これから、新築または中古の家を購入される方で家族からの援助を受けてローンを返済していく方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、その内の一割を税金として支払うものです。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

他にも年齢や金額によって細かく決められているので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが審査が少し変わっています。

フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。

とはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンと一緒です。

担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

夢のマイホームを建てたいと考えたときに金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方を挙げるとすると、行きやすい金融機関でも良いですし不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども受付可能です。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり必ず合格するという物でもありませんので、注意が必要です。

どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるためローンの残高を明確に把握出来ないというデメリットがあります。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいか全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローンです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫もしくはネットバンクでも良いです。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

重要視される点は職業・勤続年数・年収などが主になります。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども審査基準の判断になりますのでもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申し込みをされると良いでしょう。

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても厳しく行われます。

審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。

残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、利子が少しでも安い店で申請したいと思うでしょう。

従って、最近ネットでも話題になっている評判の利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。

実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、割引される嬉しいサービスが付いてきます。

ボーナスなどを利用した繰上げ返済時も手数料は無料です。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方は便利なボーナス払いを利用する前に必ず注意して下さい。

まとまったお金が入った時に返済できれば、月に返すお金が減るのでとても楽になります。

でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし景気によって金額が変わることも有り得ます。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを検討する際はいろんな事も含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

将来、家を買うために住宅ローンを考えている方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、それほど変わらなかったという事もあります。

なので是非、ローンを組む前に総合的にはいくらかかるのか、これをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

都合により住宅ローンがまだ残っている段階で失業した時は、残りのお金をどう返済していけば良いのでしょうか。

万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。

今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。

クビになった原因が会社側か自分にあるのか、理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。

ただローンは一度でも延滞してしまうと、破綻せざるを得ないので支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。

引用:住宅ローンはどこがいい?おすすめランキング【借りるならどこ?】